20170724-(5).jpg スピンバイクのススメ、比較、選び方 - 昭和40年代男のつぶやき

記事一覧

スピンバイクのススメ、比較、選び方

こんばんは、tada no Chicken です。

今日のつぶやきは「スピンバイクのススメ、比較、選び方」です。

たびたび私のブログに出てくる、スピンバイク。
ジムなんかに通ったことがある人は使ったことがあるかもしれませんが、

スピンバイクとは

エクササイズ用トレーニング・バイクの一種で
大きなディスク(スチールまたはアルミ)を回してトレーニングする自転車型エクササイズマシーンです。

こんなのです。(私の使っているもの)

エアロバイク (6) - コピー


それか、こんなのとかです。


WS000003 - コピー

普通、アマゾンやスポーツ量販店などで見かけるエアロバイクは
こんな感じの物が多いと思うのですが、

ALINCO 6200


現在、友人が、上のようなエアロバイクを使い倒してしまい、
やはり、家庭用エアロバイクでは本格的な強度トレーニングができないことに不満を持ったらしく、
わたしの使っているスピンバイクに興味を持ったみたいなのでちょっと紹介してみようと思います。

わたし個人的には、どんなトレーニング器具が良いかと聞かれたら、
実車を使う固定ローラーか3本ローラーを薦めるのですが、
こんなやつ

20140425-5.jpg
81HWdDU7+nL__SL1500_.jpg
3本ローラー
r700-02.jpg


実車を使えば、本番と同じ状態でトレーニングできるわけですから、いいですよね。
世のローディーのほとんどは、実車を使った、3本ローラーか固定サイクルトレーナーを使っています。
エアロバイクやスピンバイクを使っている人の方が稀で少数派だと思います。


ただ、固定ローラーの欠点は
ローラー専用のリアホイールが必要になるし、
リアホイールで計測するサイクルコンピューターでないとスピードも距離も分かりませんので、
サイクルコンピューターを買い替えないといけない場合があります。
あと、あまり、がむしゃらに漕ぐとフレームが痛む可能性がありますし。
自転車をセットするのが意外にめんどくさい、
汗でべたべたになるし、トレーニング後のクリーニングもしなくてはいけないし、
ちょっとなあと思うようになって、考えていたのです。

そのあたりが、私が固定ローラーを使わなくなってしまった理由なんですけどね。

それで、今はスピンバイクを愛用しているのですけれども、

友人もそのあたりを気にしていて、スピンバイクを検討中ということらしいです。

3本ローラーの欠点は、同じく汗でべたべたになるし、トレーニング後のクリーニングもしなくてはいけないし、音がうるさいのと、転倒の危険があるので、とても有効なトレーニングだと知ってはいますが、
夜、アニメ見ながらとかのお気楽トレーニングにはあまり向かないので、今回は見送っています。



では、スピンバイクは普通のエアロバイクと比べて何が違うか?


まず、長所は

①普通のエアロバイクより高負荷がかけられる。
重たい(7kg~14kg)鉄のディスクを回して、それにブレーキをかける要領で抵抗をかけるので、
無段階にかなりの強度まであげられます。
強くすれば激坂を再現することもできます。
楽な有酸素運動からかなりハードな筋力トレーニングまで可能です。
それに合わせて丈夫で重く安定した作りになっています。

②30分を超えるトレーニングが出来ます。
2万円前後の家庭用エアロバイクは、コストの面でマグネットによる抵抗型を使用している場合が多く、
長時間の連続使用は発熱のため劣化しやすく、連続30分までの使用を推奨しています。

③構造が単純なので耐久性がありコストパフォーマンスが高い。
構造は、業務用のスピンバイクとほぼ一緒なので丈夫で、安定感があります。
非常に安定しているので、ダンシングもできますし、転ぶ心配もない。
もう7年くらい使っていますが、壊れたり、異音がしたりといったことがないです。

④割と静かである。
フェルト、もしくは革製のブレーキで抵抗を作り出しているので、
「シュー」という擦れる音はしますが、固定ローラーや、三本ローラーに比べたら、
かなり静かな方だと思います。
チェーンドライブタイプは少しうるさいです。
ベルトドライブのタイプの方が静かです。

⑤ほぼメンテナンスフリーです。
たまには拭いてやる必要があるかもしれませんが、
チェーンの注油と伸びの管理くらいです。
ベルトドライブのタイプはそれこそメンテナンスフリーです。

⑥トレーニングに取り掛かりやすい。
思い立ったときに、すぐ出来る。これはとても重要なことだと思います。
わたしがスピンバイクにしたした理由の60%がこれです。
わたしは固定ローラーのセットや片付けがとても面倒でした。
これは、設置した状態で置いてあるので、すぐ出来る!
場所がある人には、超おすすめです。



では、短所は

①フェルト繊維が摩耗するため、ある程度したら交換の必要がある。
しかし、7年くらい前から使っていますが、わたしの使用状況では交換する必要はまだありません。
毎日使っても数年は持ちそうです。(もちろん走行時間によると思います)

②フェルト繊維がこすれる音が発生する。
「しゅー!」とこすれる音が常時します。
ただ、ペダルを回す音に比べたらずっと静かなのであまり気になりません。
わたしは、音楽を聴きながらかアニメを見ながら回しますが、
ボリュームは少し上げる必要がありますけど、イヤフォンを使うことなく回してます。
部屋のドア一枚を閉めれば、音は漏れません。漏れるとしたら音楽やアニメの音です。

③負荷の強さを図る方法が無い。
ダイヤルで+-と回して負荷をかけるのだけれど、目盛りがあるわけではないので、
ペダルを回した重さの感覚でしか運動強度を測る方法がない。
そのため、カロリー消費やスピード、距離などの表記はただの目安にしかならない。
同じスピードが表示されていても、強度が強ければカロリーの消費は大きいだろうし、
強度が弱ければカロリーの消費は少ない。この辺りを計算して表示してくれるわけではない。

※(超高級スピンバイクの20万くらいの物にはパワーメーターが付いているものがある。
ロードの世界ではパワーメーターと言えばそのセンサー一式が10万以上するのが当たり前なので、その金額もあながちボッタくりとは言えないです。サイクルコンピューターに出力のワットが表示されるので、パワートレーニングが出来るものも中にはあります。)

④とにかく重い。
ホイールだけで約10kg以上の重さの物がほとんどで、重ければその分安定する傾向にある。
総重量は25kg~40kgくらいと様々ではあるが、重いことには変わりない。
一度据えると移動が面倒です。畳2/3のスペースは使う。

⑤場所をとる
畳2/3のスペースは使う。上でも書きましたが、重いので一度据えると移動が面倒。
しかし、そこにあるので、すぐ出来る。
部屋にスピンバイクコーナーをつくることが、トレーニングを続ける秘訣でもあるのです。

⑥大体が身長155cm以上を推奨している。
つまり、小柄な女性や子供は足が届かなかったりして使えない場合があります。
機種にもよるので事前に又下の寸法など調べておく必要がある。
サドルからペダルの一番下までの長さが、又下の長さ+(3cm~8cm)くらいがちょうどよさそうです。

⑦家庭用エアロバイクに比べて、ちょっと高い。
まあ、高いといっても5千円から1万円くらいなんですけど、
耐久性やコストパフォーマンスを考えるとエアロバイクより安い、お買い得感があると思えます。

お手頃な
家庭用エアロバイクの相場が:15,000円~30,000円
家庭用スピンバイクの相場が:20,000円~40,000円
くらいかと思います。

ちょっと本格的な業務用スピンバイクを普通に探すと7万~15万くらいします。
わたしは、そこまでの物はオーバークオリティーだと思っています。
たいして機能が違うわけではありませんし、より頑丈に出来ているだけでしょう。

もちろん上を見ればきりがないし、下を探せばあるかもしれません。


⑧汗対策が必要である
固定ローラーもエアロバイクもそうだと思いますが、汗がたくさん出て、滴り落ちます。
タオルをかけたり、汗取りシートをかけたり、何かしらの汗対策が必要です。
代表的なのが
MINOURA(ミノウラ) セフティーネットです。

A2180_Z2.jpg
これはローラーのお供には最適ですし、スピンバイクにも使えます。必須と言ってもいいかも。
あと、付属のサイクルコンピューターに汗がだらだらかかるので、わたしは、ジップロックを切ってカバーにしています。
エアロバイク-(1)
そして、床にはウレタンマットなどの敷物は絶対に必要です。
使わないと、床が汗でべたべたになってしまいますし、床が傷みます。1500円くらいのヨガマットでいいです。
汗対策は重要です。




では、おススメのスピンバイクをちょっと紹介したいと思います。


ちょっとその前に

わたしが使っているDONNAYのスピンバイクは生産中止でもうありません。
7年くらい前に2万円しないで買ったと記憶しているので、安くて長持ちしましたね。
でも、まだまだ、使えそうです。
ただ、不満なことが3つありました。

1は、サイコンにケイデンス(回転数)が出ないこと、→ ケイデンス表示できる安い有線のサイクルコンピューターを後付けした。
2は、心拍計が、いい加減で不正確だということ、→キャットアイの耳たぶで計るものを後付けした。(これの乾電池がなんと単五を4本使うというふざけたものだった。電池が高いし手に入れにくい。)
しかし、耳たぶで計測できるのは非常に簡単でいい。チェストベルトのセンサーは付けるのが本当にめんどくさいので、この耳たぶタイプで正解だったと思う。残念ながらもう生産中止品です。
エアロバイク-(2)

3は、ペダルの軸径が1/2インチサイズだったことです。

なかでも、3のペダルの軸径が1/2インチサイズは予想外でした。
今の標準のペダルの軸径は9/16インチ サイズが主流で、
ペダルをビンディングペダルに交換しようとしたらクランクのネジ穴が小さくて交換できませんでした。
こうところでコストを落としているのです。
結局、いろいろ調べたのですが、1/2インチサイズのビンディングペダルは存在しなくて、
1/2インチサイズのペダルは一部の幼児車(12インチに多い)、ビーチクルーザー、BMXに使われていることがあることがわかりました。

ですので、残念ながらビンディングペダル(9/17インチサイズ)が使えなかったのです。
そのため、
エアロバイク-(4)
スニーカーをトゥークリップに固定し、さらにタイラップでスニーカーの底をペダルに縛り付けて固定するという荒業にでました。
これで、引き足がしっかり使えるスピンバイクになりました。

こんな風にカスタムしてなんとか使ってきました。

そんな理由で、次に、もしまたスピンバイクを買うとしたら、
この3つのことがクリアできることが重要だと思いました。

しかし、カタログを見ても、さすがにペダルの軸径サイズまでは載っていないので、困ったものです。
普通なら9/16インチ サイズが現在では主流なので、ビンディングペダルに換装できるはずなのですが、
コストの問題だったりして、もしか1/2インチサイズが使われていたら、あきらめましょう。
方法がないわけではないのですが、BBとクランクを換装しなければならないのでかなり大ごとです。
こればかりは、問い合わせてみないとわかりません。
必ず、購入前に問い合わせてみましょう!


では、では、やっと


おススメスピンバイクの紹介です。

これも、カタログやレビューを参考に私の勝手な独断と偏見で選ばしてもらいました。
間違っている場合もありますので、あまり突っ込まないでくださいね。



①HAIGE(ハイガー) スピンバイク HG-YX-5006
参考価格: ¥ 35,760 、アマゾン価格: ¥ 25,800(7月29日時点) + 関東への配送料無料(離島などは要確認)
ハイガー産業の人気スピンバイクです。とにかくお値打ちで評判もいいです。
アマゾンで☆4.5です!

コンパクトであることが売りなので、スペースを確保しやすいです。重量 26kg 耐荷重 100kg
これはわたしの予想なのですが、サドルからペダルまでの最長の長さが86cmとあるので、
大柄な人、180cm以上の人にはちょっと小さいかもしれません。
(又下+3cm)が86cm以上ある人は要注意です。
シートが最適な高さまで上げられないかもしれません。
その時は、サドルを少し後退させれば86cm以上におそらくなるので、たぶんいいかと思います。
逆に(又下+3cm)が71cm以下の人はサドルが高すぎてうまく回せないかもしれません。
事前に又下を測ってみましょう。
あと、この値段で、ベルトドライブであることはポイントが高いです。
ちょっと前はアマゾンで30,000円くらいしてました。
今日久しぶりに見たら突然4,000円(7月29日時点)位の値下げです!ビックリです。
これだと思ったら、一択指名買いでいいと思います。

51fdMSr+XOL.jpg
51eY2QtC7HL.jpg
51z9D656SrL.jpg
71Vkf7OgSlL__SL1243_.jpg

残念ながら、ケイデンス、心拍は測れないので、物足りなくなったらサイコンを付けましょう。
ケイデンスと心拍が計測出来るサイコンのセットは、けっこう高い(1万以上する)ので、
センサーだけ買って、メインの自転車用のサイコンを使い回すのがいいでしょう。

あと肝心のペダルの軸径サイズですが、
今メールで問い合わせてるので近日中にはお知らせできるかと思います。

メールの返信来ました!

軸径は9/16になります。
クランクアームも交換可能です。
クランクアームにつきまして普通の自転車のクランクアームで
四角い穴へはめ込むタイプになっており、165mmが付いておりますので
市販の170mmの物等へ交換も可能です。
また、サドルにつきましても、やぐらが通常のものですのでご交換可能です。
ご検討下さいませ。
宜しくお願い致します。

とのこと、
え~つまり、ビンディングペダルへの換装可能!!
そのうえ、クランクアームも170mm等に交換もできる!
サドルも交換可能!
これはかなりいいですね。
いろいろカスタム出来ますね。

※ただし、交換は保証対象外となるかもしれませんので、注意して下さいね。
特にクランクの交換は少し知識も必要とするかもしれません。自己責任でお願いします。

自分が欲しくなってしまいました。
買い替えようかなあ?マジで!

しかも、今なら、ウレタン製のフロアマット(買うと1500円~3000円くらいする)が、おまけで付いてくる!

あれ、、、なんかテレビショッピングみたいになってしまいましたね。(笑)




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



②HAIGE (ハイガー)スピンバイク HG-YX-5001
参考価格: ¥ 41,760 、アマゾン価格: ¥ 30,800(7月29日時点) + 関東への配送料無料(離島などは要確認)
これも同じくハイガー産業のスピンバイクです。
もう少し大柄な人とか、安定した物が欲しいならこちらですかね。

もちろんこちらも、ビンディングペダルへの換装可能、
クランクも170mmの物に交換可能、
サドルも市販の物に交換できる!
サイコンは、心拍は表示されます。しかし、ケイデンスは表示されません。おしい!

サスペンションはいらないと思うのですが、、、、力が逃げるかもしれませんね。


なぜこのハイガーを押すのかというと、ちゃんと消耗品(パッド、ベルトなど)も売っているところがいいです。
こういう安いエクササイズ用品は、売りっぱなしのところがあるので、その点は評価したいです。

51c+l7qaBcL.jpg
pf01w0dwSB6O__UX300_TTW_.jpg
4LQocJJDReyU__UX300_TTW_.jpg
51uKv4JqsVL.jpg
51tV7WFVdzL.jpg
71EyGYyC3WL__SL1486_.jpg



もちろんこちらも、ビンディングペダルへの換装可能、クランクも170mmの物に交換可能、サドルも市販の物に交換できる!
※こちらも同様に、交換は保証対象外となるかもしれませんので、注意して下さいね。特にクランクの交換は少し知識も必要とするかもしれません。自己責任でお願いします。




③リーディングエッジ スピンバイク ST 室内用 フィットネスバイク SPN-ST13
¥ 32,800 + 関東への配送料無料
これは、

ホイール重量:約12kg 負荷調整: 摩擦式 駆動方式: ベルト式 サドル: スプリングタイプ 簡易工具付き 耐荷重: 120kg 対象身長目安155cm以上、小さい人や子供には使えないかもしれません。▲ 
本体サイズ : 106×53×104cm 重量 : 約33kg コンピューター表示機能 : スピード・回転数・消費カロリー・距離・時間・心拍数

という感じで、ホイール重量が重たい12kgもあって、ケイデンス(回転数)と心拍数も出るところがいいです。
しかも、ベルトドライブ式。◎

リーディングエッジのサイコンの方がハイガーに比べると全画面表示できて、回転数、心拍が表示できるのでいいですね。
ハイガーはちょっと安っぽいし、機能不足ですね。
ケイデンスと心拍が計測出来るサイコンのセットは、けっこう高い(1万以上する)ので、それを考えるとバーゲンプライスと言ってもいいのではないでしょうか?

ホイールをカバーで覆うデザインを採用して、何よりもちょっとカッコいい!(笑)これ大事です。
おまけで付いてくるフェルトマットは汗を吸うので匂いが出そうで多分使い物にならないと思われます。×
マットは買いましょう(1500円位)

81IwlE-RN7L__SL1500_.jpg
51YXdk-f2VL.jpg
51orZnbiy8L.jpg
s0jgBTmgQVCO__UX300_TTW_.jpg

ちなみに、ペダルの軸径は販売元の eSPORTSに今、直接メールで問い合わせてます。
近いうちに返答があれば、お伝えできると思います。しばしお待ちを。
購入する前に、ペダル交換の予定がある人は調べてから購入してくださいね。

メールの返信がありました。

「こちらの製品はどちらも9/16インチ軸のペダルを採用しております。」

だそうです。ビンディングペダルに換装出来ますね。○です。





④リーディングエッジ スピンバイク ES 室内用 フィットネスバイク SPN-ES08
¥ 27,800 + 関東への配送料無料、販売元の eSPORTS

これも同じくリーディングエッジ スピンバイク です。
これは珍しく後輪駆動です。そしてカバーがつています。
デザインがいいですね!
あとで紹介するKEISER カイザー m3 に似ています。カッコいい!
それに、前にホイールがないので、汗がホイールに落ちないので下にタオルを敷いておけばそんなに汚れることもないので、いいですね。

後輪駆動、8kgフライホイール採用で 初心者にも扱いやすいエントリースピンバイク。
• 巻き込みを防止するホイールカバー付きデザイン。わずらわしい表示の切り替え不要、マルチディスプレイモニター採用。
•サドル・ハンドル位置は前後上下に位置調整可能。床を保護するフェルトマット付き。
•ホイール重量:約8kg 負荷調整: 摩擦式 駆動方式: ベルト式 サドル: スプリングタイプ 簡易工具付き
耐荷重: 110kg 対象身長目安155cm以上※
• 本体サイズ : 137×50×115cm 重量 : 約30kg コンピューター表示機能 : スピード・回転数・消費カロリー・距離・時間・心拍数
負荷強度は8段階で、4が無理なく15分漕げるかなといった程度らしいです。
強度がどこまで上げられるのかはちょっと不明です。上級者には強度が、もしかしたら足りないかもしれません。
これは、要確認かも。

ベルトドライブで、ケイデンスも心拍計も付いています。◎

対象身長目安155cm以上。小さい人や子供には使えないかもしれません。▲ 

ペダルの軸径は、9/16インチ軸のペダルを採用!○

おまけで付いてくるフェルトマットは汗を吸うので匂いが出そうで多分使い物にならないと思われます。×
マットは買いましょう(1500円位)

消耗品は販売元の eSPORTSから購入できるそうです。○

61vR2U2nn2L__SL1000_.jpg
51aT+l-J68L.jpg
51VlJ+T-qhL.jpg
vvUL5ZzdQZiY__UX300_TTW_.jpg





参考 KEISER カイザー m3 インドアサイクル スピンバイク
価格 260,000円 (税込 280,800 円) 送料無料

これ、すごい価格です。打ち間違いじゃありません。28万800円です!

約10倍の値段がします!スッ、スゲー!!∑(゚Д゚ )




業務用なんですが、でもこれ、売れているそうです!
レビューというか評判もすこぶるいいそうです。
とにかく、静かなんだそうです。
ベルトドライブで、マグネットを使った非接触型抵抗で、ほぼノーメンテナンス。
それに、パワーメーターが付いているそうです!
パワーメーターと言えば10万前後するのが当たり前の装置です。
ですので、今何ワットで回してるとか分かるそうなんです。
ペダルはシマノの片面ビンディングぺダルが初めから付いています。
チェストベルト式心拍測定方式が使用できます。

解説

1.アルミホイールでスムーズなこぎごこちスピンバイクは、ホイールが重いほど安定して走れるという発想がありました。
しかしm3は薄くて軽いアルミホイールを採用 渦電流抵抗をかけることで重たいホイールに近い質量を出すことに成功しました。
アルミホイールを使用することで 今までスピンバイクを使用することのできなかった体力のない方や女性の方など 多くの利用者にも使用していただける機種になりました。
アウトドアツーリングに匹敵する、限りなく実際のサイクリングに近いリアルな操作性にあります。実際のオンロードバイクと同じ安定した負荷を生み出し、ユーザーの走りをよりエキサイティングなものへと導きます。
銀色に輝くアルミニウム製のフライホイールは見た目に美しいだけでなく、腐食に強く、耐久性にも優れています。
負荷装置が非接触式のため、磨耗する部品が無く、メンテナンスフリーです。
またリアホイール式のため、汗が駆動部分に落ちにくい設計となっています。2.静音タイプの渦電流式エアロバイクのものよりも数段優れた過電流マグネット負荷方式を採用しております。マグネット負荷にしたことによって、摩擦式の音を抑えさらに強力な負荷をだすことができました。

渦電流負荷調節には、「磁石」とそれが起こす「渦電流」が使われています。
簡単に説明すると、アルミの円板を回転させ、磁石(磁界)をさえぎると回転にブレーキがかかるという原理を使っているのです。
複数のバイクを簡単に同じ負荷に揃えることができるばかりか、永久磁石なので長期間使用しても負荷の大きさがマシンによってバラつくことはありません。
レバーノブを採用して24段階の負荷調整ができます。
レバーノブをさらに押すとブレーキになります。

そしてなにより、美しい!

いままで、カッコいいスピンバイクは見たことがありますが、美しいスピンバイクは初めて見ました。
でも高いですね。

業務用で、パワーメーターが付いて、ビンディングペダルが付いて、ちゃんとしたサイクルコンピューターが付いて、、、、

高いのもうなずけます。

しかし、こんなのもあるよと、参考までにただ載せたというのでは、私のブログらしくないので、

調べてみました!最安値はどのくらいなのか?

ここにはやはりなんでもありますね。

Alibba.com 、中国です。

Keiser M3 と検索してみたら、ありました。

値段は、、、、、、、US$550~600

さすがは中国!おそらくこれが大体の原価でしょうね。
それか、コピー品なんでしょうか?
もちろん大型商品なので送料がかなりかかると思いますが、
船便ならそんなにべらぼうにはかからないと思うので、個人輸入したら、まあ、US$800~900くらいでしょうかね。
そう考えると、だいぶお値打ちで現実的な値段となるからおもしろいですよね。(笑)
まあ、あくまでも参考までにご紹介させてもらいました。
keiser-m3-2.jpg
M3_lg.jpg

いくつかというか、2メーカーのスピンバイクを紹介させていただきました。

高いと思いましたか?安いと思いましたか?

自転車に乗っている時間とスピンバイクに乗っている時間を比べてみると、

わたしの場合はスピンバイクの方が長いのではないかと思うんですよね。

そう考えると、自転車にウン十万かけるのもいいけど、

スピンバイクにウン万かけるのもありじゃないかと思います。

そういう意味では今回紹介したスピンバイクたちはかなりお値打ちだと思うんですよね。

でももっと、安いのが欲しいという人は、ebay とか、Alibaba.com か、ヤフオクで安い物を購入するのがいいと思います。

ヤフオクでは、大体、本体が15,876 円(税込み)で送料が3,000円~4,000円くらいで 新品が落札できます。

こんな感じの奴です。
これなら20,000円くらいとあと下にひくマット1,500円くらいで合わせて21,500円で環境が整います。
後はもっと安くというと中古か、1円スタートのオークションくらいでしょうか?
ただ、これは大型商品と言って家財宅配便になるで、普通は東京から愛知県でも5,000~10,000円とか、かかる場合があるので注意してください。
安く落札できたと思っても、送料を合わせたら新品が買えたということは、ざらにあります。
WS000003.jpg
WS000005.jpg
WS000006.jpg

そういうことを考えると、

25,800円と、ヤフオクの物より6,000円ほど高いですが、
わたしは、ハイガー社のHAIGE スピンバイク HG-YX-5006 を断然おススメします!
一年保証が付いて、コンパクトで、消耗品も手に入れやすい。
売れているには訳があるということだと思います。
ちょうど値下げされたばかりなので今がチャンスです。

また、テレビショッピングになってしまいました。m(_ _)m


ただし、わたしの出した3つの条件の内
1、ケイデンスの表示
2、心拍数の表示
3、ペダルの軸径が9/16インチ サイズであること
すべてを満たすのは
リーディングエッジ のスピンバイク の方なのです!、、、、、f(^_^;)

でも、対象身長目安155cm以上なのが残念です。
つまり、小柄な女性や子供は足が届かなかったりして使えない場合があります。

その点、ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006 は、又下71cmまで下がりますので、
小柄な女性や子供でも、使える可能性が高いです。
家族で使う予定の人や女性はHG-YX-5006がいいかもしれません。

で、結局どっちがいいんだ!?コラ!


身長の問題が無ければ、リーディングエッジの方を薦めます

わたしは身長177cmで、自分一人で使うので、この中で購入するとしたら、

③の 「リーディングエッジ スピンバイク ST 室内用 フィットネスバイク SPN-ST13 」が欲しいですね。

おいっ!今度は③か!?

ただ、問題は4台の中で一番高いことです(笑)。

32,800円なり、、、、、_| ̄|● ガックリ 

でも、前にも話しましたが、ケイデンス&心拍センサーが付いている時点でとてもお得!(1万円相当も)なので、
おススメです。

まあ、おススメは、この①~④で自分に合うもの、手の届くものを選んでくださいということです。

わたしは、残念ながら、
まだ当分今のが使えるので、ここは我慢です。(´;ω;`)ウッ・・


(※値段はブログを書いた2016年7月30日時点の価格です。)

追記:ハイガーのスピンバイクがどちらも1,000円ほど値上がりしたようです。(2016年8月11日時点)





ブログランキングに参加しています。
ついでにポチっとしていただけると順位があがりうれしいです。
生きる勇気になります。(笑)

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

楽天

Softbankユーザーならさらに、Tポイントがめちゃ貯まる

今最強のカード!Yahoo ショッピングと合わせて! 

初めての海外通販なら、安心の wiggle

憧れのマシンが驚き価格 Cycling Express.com

プロフィール

tada no Chicken

Author:tada no Chicken
昭和40年代生まれのおとめ座。ヘタレでメタボの万年初心者自己満オヤジのちょっと痛い自転車奮闘記。趣味の自転車やアウトドアのことやその道具のこと、新しいことから懐かしいこと、少し痛い話題をつぶやいています。くだらない話や失敗談が皆さんの話のネタや時間つぶしになるといいと思ってます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

おすすめランキング

フリーエリア00