20170724-(5).jpg 「TIME のペダルは、膝に優しい!」 と聞いたので、使ってみた!  - 昭和40年代男のつぶやき

記事一覧

「TIME のペダルは、膝に優しい!」 と聞いたので、使ってみた! 

こんばんは、tada no Chicken です。

今日のつぶやきは、

「TIME のペダルは、膝に優しい!」 と聞いたので、実際に使ってみた!

です。


ただ、あまり長い時間乗れなかったので、
まずは、ファーストインプレッションということで、

これを、
TIME-ペダル-(3)

固着しないようにネジの部分に少しグリスを塗って、アーレンキーで止めます。
TIME-ペダル-取付-(1)

こんな感じになりました。
TIME-ペダル-取付-(2)

裏はこんな感じです。
うん、いい感じです!自己満足指数上昇です!d( ̄▽ ̄)
TIME-ペダル-取付-(3)

そして、クリートを交換します。
シマノのクリートを外して、
TIME-ペダル-取付-(5)

説明書を読むとQファクターの調整が出来ます。
TIME-ペダル-取付-(7)

わたしは、狭くなる51.7mm(広くは54.3mm)になるようにクリートをハメました。
TIME-ペダル-取付-(8)

クリート位置の調整は、各印を目安にしました。
TIME-ペダル-取付-(11)

交換完了です。
クリートカバーもちゃんと付きます。
TIME-ペダル-取付-(6)

早速、固定ローラーをセットして、回してみました。
TIME-ペダル-取付-(13)

初めは、ハメるのに少し戸惑いましたが、

「かちーん!」と乾いた音がして気持ちよくハマりました。

外す時は、ちょっとひねりを大きくすると、

「ぱっちーんっ!」とこれまた乾いた音が響いて、外れます。

数回、ハメたり外したりしましたが、
なかなか、軽快な音がして、気持ちいいです。
音がカッコいいと聞いていましたが、本当でしたね。


ただ、わたしはシマノの方が、ハメ易かったです。
ノールックではハメられませんでした。
多分、慣れれば、気にならなくなるレベルだとは思います。


そして、近所をちょこっと走りました。


そして、肝心のフローティング機構は、、、、、、
5°+5°=10°
TIME_ペダル可動域



確かに、ヌルヌル良く動きます。



シマノの青クリート(1°+1°=2°)からの交換だったので、
なおさら良く動くように感じます。


青クリートが気に入っていたので、このゆるさはかなりの違和感です。
これだけ動くと、力が逃げるんじゃないかと思いましたが、


固定ローラーで高速で回してみましたが、不安な感じはありませんでした。
逆に、膝関節等に余裕が出来た感じで、
もしかして、こっちの方が、膝の悪い自分には合っているかも、、、と思いました。

感触として悪くないです。

ただ、まだ100kmオーバーのロングライドをしたわけではないので、
断言はできませんが、うわさ通り

膝に優しそうです。

今まで使っていたPD-7810 DURA-ACE は、
PD-7810-DURA-275gpair--(1).jpg
実測:片側138g、ペアで276g

今回換装したTIME XPRESSO Customs Country は、
実測:片側106g、ペアで212g
TIME-ペダル-(5)

片側で32gの軽量化、ペアで64gの軽量化が出来ました。

クリート重量
 Look < シマノ < TIME < Speedplay
  68g < 70g < 79g < 118g

シマノより9g重いだけなのでほとんど変わりませんね。

クリートも合わせたペアで64-9=55gの軽量化です。


わたしが購入した「TIME XPRESSO Customs Country」は、
カタログの重量から調べると、おそらく、グレード8 ですね。


タイムペダルは、XPRESSOの後に書かれてる数字がグレードになっています。

2、4、6、8、10、12、15 の、7グレードです。(15が最高)

10~がカーボン製で、プロは10~を使っているようです。

もし、次もTIMEを選ぶとしたらグレード10を選ぼうと思います。
でも、チタンの12も捨てがたいですね。
セラミックベアリングの15は、あり得ないほど高価なので、問題外ですが、、、、

だいぶ暖かくなってきたし、
はやく、ロングに出てみたいですね。

また、ロングに出たらレポートします。




ブログランキングに参加しています。
ついでにポチっとしていただけると順位があがりうれしいです。
生きる勇気になります。(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

Re: No title

○○さん、コメントありがとうございます。

ペダルを水平にすると、赤い部分の方がゆっくりと下がります。
ベアリングがシールドベアリングで、グリスが渋いので、
くるっと上向きにはなってくれません。
ひっくり返っているとひっくり返ったままです。
グリスがこなれてくると変わるのかもしれませんが、、、、

これは、ハメようとすると、ひっくり返っていたりするので、
クリートキャッチしにくいですね。
昔買ったSPDのロード用片面ペダルのようで、
ちょっとイラっとします。

Lookの音は聞いたことがないですが、
カッコいいんですね。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

楽天

Softbankユーザーならさらに、Tポイントがめちゃ貯まる

今最強のカード!Yahoo ショッピングと合わせて! 

初めての海外通販なら、安心の wiggle

憧れのマシンが驚き価格 Cycling Express.com

プロフィール

tada no Chicken

Author:tada no Chicken
昭和40年代生まれのおとめ座。ヘタレでメタボの万年初心者自己満オヤジのちょっと痛い自転車奮闘記。趣味の自転車やアウトドアのことやその道具のこと、新しいことから懐かしいこと、少し痛い話題をつぶやいています。くだらない話や失敗談が皆さんの話のネタや時間つぶしになるといいと思ってます。

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

おすすめランキング

フリーエリア00