2017_0426零号機(26)_03 (オリジナル・サイクルジャージの作り方3) ジャージ作製メーカー7社を比較検討してみた。 - 昭和40年代男のつぶやき

記事一覧

(オリジナル・サイクルジャージの作り方3) ジャージ作製メーカー7社を比較検討してみた。

オリジナル・サイクル・ジャージの作製について7メーカーを比較検討してみました。

3月3日と4日のブログ「オリジナルジャージが1枚から10,799円~で作れるだと?」で
現在、わたしは、オリジナル・サイクル・ジャージの制作を進めていることをお知らせしました。

そのなかで、なぜ、わたしが
「DREAM BROTHER 本店」JAKROO
を選んだのかお話しました。
それは、

①1枚から作れる:ボッチの可能性もあったから
②デザイン料または基本料金が無料であること:フルカスタムで3回の修正まで無料
③デザイン力があること:過去の作品を見てOK
④半袖ジャージ1枚の料金が安いこと1着10,799円~、2~4着9,180円、5~9着8,640円(送料・税込)
⑤ジャージとしての機能がしっかりしていること:プロチームにも供給されている
⑥納期が早いこと:デザイン確認後入金、生産開始から発送まで3週間程度

この6つの条件を満たしそうだったからここで初めて注文しました。

5~9着8,640円(送料・税込)というのは破格です!

そこで、いろいろ他にも調べてみるとJAKROOはかなり好条件だとわかりました。

order-wear_introduction.jpg


他に検討した会社は

パールイズミのオーダーウェア

ここもさすがのメイド・イン・ジャパン・ブランドなので安心です。

①初回5着から作れる。追加は1着からOK
②基本料金:(税別 ¥10,000)※各アイテムごとに発生します。
③デザイン力がある。
④半袖ジャージ1枚の料金:税別 ¥12,800~
⑤ジャージとしての機能がしっかりしている。プロチームに供給
⑥納期:注文が確定してから約40営業日で商品をお届け

料金は少数だとかなり高くなります。
納期も約2か月弱かかります。しかし品質重視ならここかも。

WAVE ONE

①初回5着から作れる。追加は1着からOK
②デザイン無料、修正無料
③デザイン力がある
④半袖ジャージ1枚の料金:税別 ¥11,500~
⑤ジャージとしての機能がしっかりしている。プロチームに供給
⑥納期・・・目安はご注文後50 ~60日です
※試着サンプルを無料貸し出し

デザイン料が無料なところが○、納期がちょっと長いか。

VALETTE

①初回3着から作れる。
②ラフデザインを送ればデザイン料無料、お任せデザインだと20,000円
③デザイン力があること:過去の作品を見てOK
④半袖ジャージ1着12,800(税別)
⑤ジャージとしての機能がしっかりしていること:メイドインジャパン
⑥納期:最短20日(別途有料プラン)でも対応、通常30日
※サンプルウェアの無料レンタルサービスあり。レギュラーラインは往復送料無料。

3着からいけるところが○納期も早い。ただ1着の値段がちょっと高い。JAKROOと最も悩んだところ。

Champion System Japan

①初回5着から作れる。
②デザイン無料、修正無料
③デザイン力がある。
④半袖ジャージ1枚の料金10,854円(税込)
⑤ジャージとしての機能がしっかりしている。プロチームに供給
⑥納期・・・目安はご注文後1.5か月

納期が約45日と長い、1着が安い、5着からしか作れない。試着無料。5着集まればここでもよかった。

atlas

①1着から作れる
②基本料金:10,000円
③デザイン力がある。
④半袖ジャージ1〜5着:@ 22,000円、6〜10着:@ 18,000円
⑤ジャージとしての機能がしっかりしていること:チーム右京が採用
⑥納期:注文確定後8〜10週間後

1着が高過ぎてとても買えない。納期もかかる。

SUNVOLT

①初回5着から作れる。
②デザイン完全入稿プランと簡単入稿プランの2通り
③デザイン力がある。
④半袖ジャージ1枚の料金・完全入稿プラン7,600円~(税抜)・簡単プラン8,800円~(税抜)
⑤ジャージとしての機能がしっかりしている。
⑥納期・・・お支払い確認後、約45~70日で完成

サンプルウェアのレンタルサービスあり2,000円、完全入稿プランが激安、簡単プランも安い。5枚集まらないと作れないが、JAKROOの次に安い。ただし、納期が長い。

比較検討した7メーカーはこんな感じでした。

やはりJAKROOは枚数、値段、納期 どれも最高レベルでした。
あとは発色等の品質ですね。
楽しみです。
これからオリジナルジャージを作りたいという人の参考になればうれしいです。

・オリジナル・サイクルジャージの作り方4
「ステッドラー 消せる色鉛筆 ノリスクラブ 24色」を使ってみて
・オリジナル・サイクルジャージの作り方5
・オリジナル・サイクルジャージの作り方6
・オリジナル・サイクルジャージの作り方7
・オリジナル・サイクルジャージの作り方8
・オリジナル・サイクルジャージの作り方9 完

ブログランキングに参加しています。
ついでにポチっとしていただけると順位があがりうれしいです。
生きる勇気になります。(笑)

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

楽天

Softbankユーザーならさらに、Tポイントがめちゃ貯まる

今最強のカード!Yahoo ショッピングと合わせて! 

初めての海外通販なら、安心の wiggle

憧れのマシンが驚き価格 Traffic Express

プロフィール

tada no Chicken

Author:tada no Chicken
昭和40年代生まれのおとめ座。ヘタレでメタボの万年初心者自己満オヤジのちょっと痛い自転車奮闘記。趣味の自転車やアウトドアのことやその道具のこと、新しいことから懐かしいこと、少し痛い話題をつぶやいています。くだらない話や失敗談が皆さんの話のネタや時間つぶしになるといいと思ってます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

おすすめランキング

フリーエリア00